第25回日本遺伝子診療学会大会は、皆様のご支援ご協力のおかげをもちまして
盛会裡に終了することができました。
ご参加いただいた皆様に心より厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

「美し国(うましくに)、まいろう」
第25回日本遺伝子診療学会大会のご案内
大会長:三重大学医学部附属病院中央検査部  中谷 中

 2018年度の第25回日本遺伝子診療学会大会を、三重大学でお世話させていただくことになりました。開催案内は以下のとおりです。

テーマ:「遺伝子診療の明日への架け橋」
日時:2018年7月12日(木)-14日(土)
会場:シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市観光文化会館)
(近鉄宇治山田駅より徒歩1分、近鉄、JR伊勢市駅より徒歩5分)
 2018年度の第25回日本遺伝子診療学会大会を三重大学でお世話させていただくことになり、非常に光栄に感じております。
また、開催にあたりまして、多くの先生方、企業の皆様方のご助言・ご支援をいただき、誠にありがとうございます。
 本年は、医療法の改正により遺伝子関連検査を含む検査精度の確保の重要性が取り上げられた「臨床検査元年」であると同時に、ゲノム医療が臨床現場に届けられるようになった「ゲノム医療元年」でもあります。 日本遺伝子診療学会は「遺伝子関連技術の臨床的応用に関する研究の推進と向上および良質な遺伝子診療の推進と発展・普及をはかることを目的とする」学会ですので、本年が本学会にとっても重要な節目の年になると考えられます。今大会が、臨床遺伝医学を実践する先生方だけでなく、その診断に寄与する遺伝子関連技術の開発や普及、実施に関わる先生方が一同に会し、一層の議論と理解が深まる良い機会となることを期待しております。
 今大会のテーマ「遺伝子診療の明日への架け橋」には、今大会が「遺伝子診療の明日」への架け橋となり、遺伝子診療が「人類の明日」へ架け橋となるようにという思いを込めています。教育講演では近畿大学医学部西尾和人教授に現在のゲノム医療について、会長シンポジウムでは井村屋株式会社伊藤宏規様に三重県発の企業展開についてのお話をいただくことにしております。また、4つのシンポジウムと34題の一般演題をいただき、活発な議論を期待しております。暑い時期ではありますが、「臨床検査元年・ゲノム医療元年」に、「遺伝子診療の明日への架け橋」なるような熱い想いを三重から発信したいと考えております。
 今大会は、伊勢市で開催されていただくことにしました。(ポスターは、伊勢神宮への架け橋「宇治橋」です)会場は伊勢神宮にも近く、議論に疲れた折には散策もよろしいかと思います。三重は「美し国(うましくに)」とも呼ばれ、伊勢志摩には多くの観光名所や美味しいものがたくさんあり、ご家族がいらしてもお楽しみいただけると思います。学会や日頃のお疲れを美しい景色や美味しいもので癒していただくことができるかと思いますので、多くの先生方のご参加をお待ちしております。
 2018.06.15    「プログラム」・「参加者へのご案内」・「演者・座長へのご案内」・「単位認定」を
         更新しました。

 2018.06.18    「ジェネティックエキスパート認定制度2018年認定試験のご案内」を公開しました。

 2018.06.15    「参加者へのご案内」・「演者・座長へのご案内」・「単位認定」を公開しました。

 2018.05.24    「プログラム」を公開しました。

 2018.02.28     演題登録期間を延長しました。

 2018.01.31    「宿泊のお申込」を開始しました。

 2018.01.16    「演題登録」を公開しました。

 2017.09.05    「開催概要」、「交通アクセス・宿泊」を公開しました。

 2017.08.28    「リンク集」を公開しました。

 2017.07.19     Web siteを開設しました。